では、MRIは、
どんな時に撮影をするのでしょうか?

原理を簡単にいいますと、
MRIは磁石を使用して、

体の大部分に存在する
水素イオン
(水は酸素と水素のイオンから出来ています)の

密度を測定しているのです。

急性の脳梗塞
(症状が出現して6時間程度のもの)、

突然の複視(二重に見えること)、
しびれやめまいなどの

脳幹部梗塞
(近くに骨が集中している部分で
CTでの診断が困難な場所)が

疑われる場合、

血管の奇形
(脳動静脈奇形、
もやもや病など

特集脳動脈瘤(血管のこぶ)、

脳腫瘍の詳細な診断
(位置や種類の推定が出来ます)などに

向いています。

つまり細かい部分の
診断に関して、
非常に優れているのです。

しかし、

撮影に
時間がかかり(30分程度)、

撮影中の体の動きで
画像がぶれてしまいます。

また、
工事現場のような音もしたり、