最近の若い方の眼を
拝見していて

実感しているのが

調節力が
極端に小さい方が

増えているということです。

今回も、
20代前半の方でした。

お仕事が
皮の縫製とのこと。

「今使っているメガネ
仕事で使っていると疲れる。

特に右目が
時々痙攣するので

眼科さんに行ってきた。

眼精疲労で
メガネを近く用に

変えた方がよいと言われた。」と
来店されました。

お調べさせていただくと

年齢から考えると

11.6Dの調節力が
欲しいところ

右は 0.39D
左は 2.44D


極端の小さいのです。

これでは
近くを見る仕事では

効き目である
右目は大変です。

雲霧して測定して
近く用のメガネを

用意して
いただくこととなりました。