読書が大好きな強度近視の方が

来店されました。

60代前半のお客様でした。

メガネを掛けて見ることには、

慣れておられるのですが、

そのため読書されるときも

負担が掛っていることに自覚が少ない。

でも
なーーか疲れる

本を見たくなくなる

肩こりがする

時々、頭痛がする
等など・・・・・

測定させいただくと

輻輳力が

弱ってきておりました。

さらに、
メガネを掛けた状態での

読書は、調節緊張状態でした。

上記のことから

今回は、

好きな読書用メガネ

(輻輳力を助ける度数)

普段使いメガネとの

併用を

お勧めさせていただきました。