久しぶりに
超強度の乱視の方が
来店されました。

事故車を
レッカーするお仕事の方

測定して見て
ビックリ!!

右の乱視が
-6.50D(ディオプトリー)
屈折率を表す単位です。

左は-7.75D

しかも

右は全体の乱視が
角膜の乱視と同じですが

左は、
なんと
角膜乱視が

-1.00Dしかないのに
その7.5倍が

全体の乱視です。

これほどの違いは
久しぶりです。

常に絞りに絞って
見る癖が

この乱視を
生んだようです。

おまけに
大きな上下斜位があります。

この方が
最近求めたメガネが

左右とも
ほぼ完全矯正

右も左も
最高視力が出る

度数に近い度数でした。

これでは
「掛けると、気持ち悪くなって
掛けられないので

今は
メガネなしでやっています。」と
おっしゃるのも
うなずけますね。

上記を考慮したメガネにしたら
「これなら
運転できます。」と

おっしゃていただけました。