最近の講習会に
出席していて

これからの
メガネ業界が

目指す方向性の
ひとつに

インディヴィジュアルレンズの

活用があげられるが

そのためには

実際にお客様と接する
我々メガネ店の

力量が問われるレンズだと

注意を喚起させられています。

詳しく説明を
受ければ受けれほど

確かに
そのとうりなレンズです。

メーカーがしのぎを削って

開発している

そのための
データーのより正確な

取得方法は

高価な装置から
安価なマニュアル的なものまで

実に様々です。

ここにきて

HOYAビジョンケアが
ベルギーのMaterialise社と

パートナーシップを提携し、

メガネ店向けの

VR装置および
視力検査装置用機器の

共同開発を行うと発表した。

購入検討レンズの
ビジュアル体験できる

「HOYAビジョン・シュミレーター」と

検査用機器
「HOYAアイ・ジーニアス

これが

固視ずれも
検出する機能を

備えたものとのこと。

今後

他社の含めて
さらに

ヒートアップ
してくることでしょう。

ぼんやりしていると

時代から

取り残される危険性を
感じています。