メガネはどうやって作られているのか?

分からない方がほとんどだと思います。

そこで今回はエルピス加工の流れを紹介します。

まずお客様の目を測定し、レンズメーカーさんにレンズを注文するとレンズが届きます。

ここからが加工の流れになります。

 当店の加工機の紹介

エルピスの眼鏡加工工程

 

エルピスの眼鏡加工工程

 

あらゆるレンズ フレームに対応するハイテクの加工機を使用しており、正確に加工できます

 

エルピスの眼鏡 加工工程昨今、眼科さんの処方箋が多くフレームとレンズが店の書類と合致しているか確認します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルピスの眼鏡加工工程フレームの外径とレンズ外径を測定します

 

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程鼻パットの位置やフレームが歪んでいないかを確認します。

歪んでいたら特殊工具を使って直していきます

エルピス 眼鏡 加工工程

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程 フレームの種類に合わせレンズを削っていきます

この時の設定によって様々な削り方ができます

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程

エルピス 眼鏡 加工工程削り終わったらフレームにレンズを入れます

 

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程入れ終わったらレンズが歪んでいないか確認します。

赤く囲ってある部分が歪んでいる部分です。

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程レンズが歪んでいると負担をかけてしまいますので、歪んでいる部分を手で削っていきます

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程 手動で削った後フレームに再度入れて歪みを確認します。

歪んでいた部分がなくなりました。

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程 メガネの度数がきちんと合っているかどうか

度数をチェックする機械(レンズメーター)で確認します

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程

 

 

 

 

 

 

 

エルピス 眼鏡 加工工程 エルピス 眼鏡 加工工程

これでメガネの完成です。

お客様に掛けて頂ける状態になりました。

こうやってメガネは作られていきます。