エルピスの技術的こだわり

「メガネの作り方は、どれも同じではありません。視力の向上だけを目指すものから、両眼視機能を整えるもの、そして眼と心と体までを統合した、予防医学とも言えるものまであります。私が追求している測定では、ビジョンストレスの度合いを比較体感してもらい、眼の使い方の悪い癖を取り除き、脳へ楽に入力できる眼鏡を作成していきます。」

よく見える(一般的メガネ)から楽に見える(両眼視機能を考慮したメガネ、これでも今現在 実施しているメガネ店は少ないです。)
更に、もっと上の 視力、視機能を改善し、ストレスを改善し、個人の能力を向上させ、健康をサポートする測定とメガネを目指します。
これが、私が目指すザ・メガネは、世界唯一あなただけのメガネです。

今のメガネづくりは、目を測定して見えるメガネを如何に安く販売するか 又は、デザインや
ブランド等にこだわったメガネによって、いかに買っていただくかがほとんどです。
(そういう面で、求められいいのでしょうが・・・・)
全体の6割の方が、このようなメガネでも、それほど不便を感じないと言われております。
しかし残り4割の方々は、このような測定でのメガネでは、なんらかの不便や、不具合を
感じておられると言われております。(元眼鏡学校校長先生のことば)
そのような方のために、両眼視を考慮した「楽に見ていただけるメガネ」を考えている店は、
10パーセントあるかどうかという現実だったとのことでした。しかし、最近の調査では、40%に変わっているとのこと(但し自己申告です。)実際は、これよりかなり低いだろうし、その実力は相当の開きがあるように研修会に参加して感じています。更にこれからは、大手チェーンがこの分野にも力を入れてくることが考えられます。
私はこの4割の方々の、さらに絞りこんで深刻な状態にある2割の方々に、
単に「楽に見ていただけるメガネ」だけではなく更に、もっと上の 視力、視機能を改善し、その原因であるストレスをも改善し、それによって個人の能力を更に向上させ、健康をサポートする測定とメガネ創りを目指します。

眼鏡,こだわり今までの、メガネつくりのように、目の測定し、いかによく見えるか または、一歩進んで
楽に見えるか ばかりではなく、もう一歩進んで、お客様の目を拝見して 何故、今の眼になってしまったのかその原因を観て、その原因となったストレスから解放するメガネを作成します。
それによって、その人本来の体も心も健康な状態になっていただき、さらにその人の能力をもっと高める手助けができるメガネ創りを目指します。

 

 

補聴器に対する、当店のこだわり

 補聴器に対する、当店のこだわりは、ご本人様のみのご来店ではなく 同居されておられる

ご家族の方々とのご一緒のご来店をお勧めいたしております。

補聴器に対する利点と限界とその取扱いをご家族皆様で共有していただくことが、一番補聴器の効果が上がるからです。
できることと、できないことをはっきり知っていただくことが大切だと考えるからです。

 H1-1,2

 聞こえについてお困りの方に

嘘を言わない、正直でまっすぐな店でありたいと考えています。
聴こえないことの痛み・悩みを共有できる人間であることが第一であると思います。
プロとして日々研鑽し、手助けできるものでありたい。
「聞こえる・わかる」喜びをご本人様はもとより、ご家族の皆様と一緒に喜び合いたいと考えています。

 

ご不満が残らない、
 補聴器選びのヒントがエルピスにはあります。

じっくり、しっかり、ご自身の耳で。
 小さな「?」もきちんと解決しましょう。

補聴器選びのプロセス
 1.カウンセリング
 2.聴力測定
 3.補聴器・機種選択
 4.フィッティング
 5.試聴(ご自宅での試聴ができます。)
 6.様々な環境で“聞こえ”チェック

●デジタル補聴器って?
 ○自然な音
 ○雑音、騒音をシャットアウト
 ○オーダーメイド
 ○目立たない
 完全保証付です

障害者自立支援法 ●無料相談承ります

●あなた様の喜びが私達のエネルギー。
決してお安くない補聴器だからこそ末永くお使い頂く為に
誠心誠意を込めて満足のいく補聴器をご提供させて頂きます。
メガネ・補聴器ともその奥行きの深さはいくら勉強しても更なる高みがあります。
また、学んだ内容が即お客様に還元できる喜びがあります。

一般的に、補聴器の寿命は4,5年くらいと言われます。ただ、10年くらい使っておられる方もいらっしゃればもっと早い時期に買い換える方もいらっしゃいます。
故障しても、かなり前に製造中止になって部品がない(各メーカー10年が部品在庫保証期間)、等でない限りは修理が出来ますが、痛みがひどいと修理費が高くついたり、新しい機種もどんどん出てきますので、そういった理由で買い換えられることが多いと思います。

体に装着して使うものなので、一般的な電気製品より故障は多いです。
一概には言えませんが、形によって下記のような故障が多く発生します。

・耳穴形
耳垢による機器の劣化

・耳掛形
汗による腐食、劣化

・箱形
コードの断線

・共通
内部の接触不良
落下による破損

どんな故障であれ、修理の可否も含めて見積もりを致しますので、

当店にご相談ください。

 

聴能トレーニングのお勧め!  聴能トレーニング

補聴器も身体と同じようにトレーニングが必要だと考えます。当店では、ご購入後のアフターフォローの一環として、聴能トレーニングをお勧めさせていただいております。
聴能トレーニングとは、パソコンを使用し、きこえを取り戻す為のトレーニングです。、脳が失いかけた言葉の要素を、再び作りあげていくには時間がかかるものです。その為には、音を認識し、集中して聞くトレーニングが必要です。ただ聞くことではなくコミュニケーション能力を磨くことが大切になります。これを、聴能トレーニングと言います。是非積極的にご利用いただくことをお勧めさせていただきます。

 

エルピス店主 橋本 隆人